◆ 私たちの思い ◆
  ◆ 活動場所 ◆
  ◆ メンバー紹介 ◆
 
 





最小限の負担による「環境的持続可能性」と「社会的持続可能性」
森、海、空、風・・・私たちの暮らすこの地球は美しく、その中で育まれた人々の知恵と技はかけがえのない財産です。
一方で、森林の荒廃や環境破壊、またそれによる自然災害や異常気象など、現在私たちが暮らす自然環境は、歯止めなく劣化しています。 また社会的にも、地域コミュニティの喪失や希薄化、山間地域の過疎・高齢化、後継者不足などの多くの問題に直面ししいます。
SHELTER projectは、こうした問題をただ次世代へなすりつけるのではなく、本来あった昔ながらの「持続的に循環する暮らし」から学び、 現代に見合った、自然への“最小限の負担”となるような生活スタイルを探し共有することが大切だと考え、“環境的持続可能性”、“社会的持続可能性を求め活動しています。

「SHELTER(シェルター)」・・・それは、守られた場所。
私たちの“家”(すみか)”です。

森林整備、自然エネルギー、ナチュラルビルディング・・・。探してみれば、環境的にも社会的にも循環していくための知恵や技はたくさんあります。そんな賢い生活スタイルを個人個人で楽しむのではなく、みんなで“共有(シェア)”することができたなら、「これから」を意識して暮らす人が増えていくのではないでしょうか。
SHELTER projectは、みんなが安心して過ごせる“SHELTER=すみか”としての空間と時間を創出することで、まるでひとつの小さな“village=むら”のように仲間が集い、モノ・ヒト・コトが循環する持続可能なコミュニティを目指しています。
     
Copyright(c)2015-2017 ECO village SHELTER project all rights reserved